サイトメニュー

施術を受ける時のポイント

女性

脂肪の定着率を考える

銀座の美容整形外科クリニックで自分の脂肪を使う豊胸手術の、「脂肪注入豊胸」を受ける場合は脂肪の定着率に目を向けてみましょう。脂肪注入豊胸にはいくつか施術法があり銀座の美容整形外科クリニックでは、脂肪がバストに定着しやすい方法を採用しているケースが多いようです。従来の古い施術法の場合、注入した脂肪の約30%から50%ほどしか脂肪が残らず、せっかく豊胸手術を受けても満足のいく仕上がりとならないケースも少なくありませんでした。ですが銀座の美容整形外科クリニックが行っているような、新しい施術法の場合は脂肪の定着率が80%以上と飛躍的に高くなっています。ただ脂肪の定着率は術後の日常生活の送り方でも変わってきてしまうため、どのようなことを心がければ良いのか事前に確認しておくと良いでしょう。脂肪注入豊胸は自分の体についている脂肪でバストアップするため、術後にダイエットをしてしまうと脂肪の定着率が下がります。一般的には脂肪注入豊胸を受けた後、約1年半はダイエットを控えた方が良いと言われているので、この期間は体重を落とさないよう注意が必要です。またタバコも脂肪の定着率を落としてしまう要因となるので、脂肪注入豊胸後少なくとも3か月は禁煙もしくは減煙することをおすすめします。

セレブの街として知られる銀座エリアには、同性から見てもほれぼれするような魅力的なボディラインの女性も少なくありません。女性らしい魅力的なボディラインを手に入れるために、自分で努力できることといえばまず、ダイエットをイメージする人が多いでしょう。ダイエットをすることで女性らしいボディラインの象徴ともいえる、くびれたウエスト・細い美脚を作れます。ただ、細いウエスト・脚だけでは魅力的なボディラインになれるとは言えず、くびれたウエストと以外に女性の象徴的なパーツと言える、「ボリュームのあるバスト」が必要不可欠です。単純にダイエットだけすれば魅力的なボディラインになれるとは言えず、ダイエットで細くはなったけれどバストサイズも小さくなり、かえって女性らしさが失われたというケースも多いようです。脂肪が気になる部位をスッキリしつつ、なおかつバストアップも目指したいのであれば、銀座の美容整形外科クリニックで「脂肪注入豊胸」を受けてみてはいかがでしょう。脂肪注入豊胸は代表的な豊胸手術の1つで、銀座の美容整形外科クリニックであれば大半で施術を受けられます。この豊胸手術は様々な体の部位についている余分な脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップできるのが特徴です。スッキリさせたい部分は細く、さらにバストサイズも大きくすることができるので、女性らしいボディラインになれるのが魅力です。